学校法人 柿迫学園 あすなろ幼稚園

Mail menu

あすなろコラム

~五月の誕生~ 2019.05.01

生まれたての木々の若葉が陽光に翠を放ち山々は色濃く萌えた息吹をそよ風に乗せて鳥の囀りを誘います。そんな五月は、かつてない10連休という穏やかな休日の最中に、新たな時代の誕生と共にやってきました。

 

きらめく季節に

たれがあの帆を歌ったか

つかのまの僕に

過ぎてゆく時よ

二十才 僕は五月に誕生した

 

僕は木の葉をふみ若い樹木たちをよんでみる

いまこそ時 僕は僕の季節の入口で

はにかみながら鳥たちへ

手をあげてみる

二十才 僕は五月に誕生した

 

この詩は寺山修司が21歳という若さで出版した「われに五月を」という作品にある「五月の詩」の序詞です。「平成」が終わり「令和」という新しい時代の誕生が五月ということで、皆様に紹介させていただきました。

 

「ひとつの終わりは、ひとつの誕生でもある」

春夏秋冬、巡る季節の中で、生命の繰り返しを感じながら、私たちは生きています。そして、いつまでもこの平和な時代が続くことにより、この世に生きるすべてが、生命のバトンを繋ぎながらそれぞれの歴史を築いていけるのです。生命きらめく五月に誕生した新しい時代が、今を生き、明日を担う子ども達にとって、すばらしい歴史が築ける時代になることを願っています。

~限りあるから美しい~ 2019.04.01

永遠の美しさ・・・永遠の愛・・・永遠の命・・・。

誰もが永遠というものにあこがれを抱くことがあります。しかし、もし、あなたが望む永遠の何かを手に入れることができたら果たして幸せでしょうか?

 

春の訪れを告げるサクラの花は、冬の厳しい寒さに耐えるための重たい心の鎧を解放して気持ちを軽やかにしてくれます。やわらかな日差しに照らされて、ひらひらと舞うサクラの花びらを眺めていると、この美しさと静寂が永遠に続いてほしいという願望に駆られます。

 

しかし、もし桜が一年中咲きっぱなしだったら・・・いかがでしょうか?

一年中、あちらこちらで桜の花また花・・・だったら、春を迎える喜びも桜の花への美的なあこがれも薄れてしまうような気がします。

 

「散る桜 残る桜も 散る桜」(良寛)

 

自然や生命というのはその力強さの中に、はかなさやもろさを秘めています。このバランスのなかで私たちは生かされているのです。人も含め、生きとし生けるものすべての生命は限りあるからこそ美しいのです。限りあるからこそ大切な存在なのです。出会いと別れも同じです。出会いがあって別れがあるから、その中で後悔しないよう生きる。世の中というものは、始まれば終わり、そして、また始まる。その繰り返しだと思います。

 

平成という時代も今月で終わり、新しい時代が始まります。そして、この春もまた新しい出会いが巡ってきました。新しい時代の到来とともに、あらためて今年度の新たな出会いの喜びと希望を胸に、限りある時間・空間・仲間の三つの「間」を大切に日々是好日で過ごしていければと思います。

~ビジョン・目標・目的~ 2019.03.01

先日、母校でもある曰佐中学校の立志式に臨席しました。立志とはまさしく志を立てるということですが、古来より14歳前後の年齢になると元服といって大人の仲間入りを果たす儀式が行われていました。それに倣って最近の中学では、2年生から3年生になる前に立志式なるものを挙行する所が増えているようです。

 

さて、その立志式ですが、寒さも相まって身の引き締まるような緊張感が漂う講堂兼体育館で、学年代表の4人の生徒が自分の将来に向けての志を発表してくれました。まあー!その内容の素晴らしいこと!思わず感動してそれぞれの生徒に心からの拍手を送らせていただきました。

 

幼稚園や保育園でも誕生会などで子供たちが「大きくなったら〇〇になりたいです」と発表する場面がありますが、さすがに中学生ともなれば「仮面ライダーになりたい」という生徒はいません(笑)。ただ、自分の中学時代と違い、立派な将来像を描いてこれからの人生を歩んで行こうとする決意表明はあっぱれでした。

 

夢を持つことは大切ですが、夢見るためだけに見る夢や思いつきで描く夢は、儚いものでいつかは散ってしまいます。夢を夢見ても、それは志とは言えません。ちなみに「夢」の語源は「寝目(いめ)」で、「志」の語源は「心指す」だそうです。では、夢を単なる夢ではなく「こんな生き方をしたい!」という立志につながる「ビジョン」にするためには何が必要か。それは「目標」です。つまり「目標」とは「ビジョン」実現のために、これから何をなすべきかを具体的にするということです。

 

そして、最後にもっとも必要になる要素は、何のためにという「目的」です。自分を満たすだけの「目標」や「ビジョン」は稚拙で虚しいものです。誰かのために、更に言うなら世の中のためにという気高い目的意識を持たなければ「夢」や「志」は輝きません。そのことをしっかり捉えた今どきの中学生の発表に、あらためて心打たれたひと時でした。

~絵本の力~ 2019.02.01

「心の中にファンタジーを持てば、辛い現実を乗り切る力になる」

これはある有名な心理学者の話です。考えてみれば、幼稚園や保育園にはファンタジーが満ち溢れています。例えば絵本の世界。非現実的なうそっこの世界が、心の中に想像の翼をいっぱいに広げてどこまでも羽ばたいていく。

 

想像力というのは、正解・不正解の世界ではなく、いろんな発想が出来たり、またそれを受け入れたりする能力のことで、これは、昨今、教育界でよく言われている非認知能力というものです。

 

これは、知識や記憶力に基づいた学力テストなどで数値に表わされる認知能力とは違って、意欲、自尊心、自己肯定感、周りから認められているという気持ち、他人に流されず自分らしく生きる力、自信、粘り強さ、コミュニケーション力‥等々です。このような能力を幼児期の生活の中でできるだけ多く体験することが重要と言われています。

 

人が成長するには、ひとつの物差しに合わないからと言って否定されるのではなく、自分なりの世界を周りから受け入れられたことにより感じる自己存在感やさらには認められて愛されているという安心感が必要です。心の中にそのような安心・安定の世界を持つことが出来れば、自分以外のあらゆる世界をも受け入れる力が身に付きます。

 

そのような力を育むのが、まさに絵本の世界だと思います。まだまだ寒い日が続きますが、そんな日こそ、子どもを膝に抱っこして、安心感と想像力が広がる多くの絵本を読んであげて欲しいものです。「心の中にファンタジーを持て」これは絵本が育むあらゆる力の大切さを説いた言葉です。

~新時代の夜明け~ 2019.01.01

 

「何となく 今年は良いこと あるごとし 元日の朝 晴れて風なし」 石川啄木

 

小生は、正月になると、いつもこの句を思い出します。そして今年は、早いもので平成時代になって30年が過ぎ、この4月には、新しい時代がやってきます。月日というのは、過ぎてしまえば、あっという間という感が否めませんね。まさに「光陰矢のごとし」「少年老いやすく学なりがたし」”The day is short, and the work is much.”でございます。

 

平成最後のお正月に、この30年を振り返ってみますと、さまざまな事がありました。「禍福は糾える縄の如し」「浮世の苦楽は壁一重」の言葉通り、いつの時代も変わりなく、そこに生きている我々にとって、幸運なことも不運なこともある。しかし、不運ばかりが続くわけではないから、くよくよしないで、むしろ、どんな時代に生きようとも苦楽そのものが人生だと受け入れることが肝要なのでしょう。

 

そして、人は新年を迎える時、冒頭の句のように、何となく感じる新鮮な清々しさが、昨年までの嫌なことを吹き飛ばしてくれるような気持ちになります。人の記憶というのは、月日とともに薄れていきます。「時薬」や「日にち薬」という言葉があるように、どんなに辛く苦しいことがあっても時が心を癒してくれるのはそのせいだと思います。

 

「あんなこともあったけど、今思えば懐かしい」「あの時は辛かったけど、そのお陰で今の自分がある」そう思えるようになれば月日の薬が効いた証なのでしょう。誤解を恐れず言うなら、記憶は月日と共に薄れるから、人は生きていけるのではないでしょうか。もしも、決して忘れられない辛い過去をもつ人がいるなら、その過去は過去ではなく、今そのものなのです。

 

さあ、新しい時代の幕開けです。月日は止まることなく進んでいきます。過去を過去にするためにも、新年は、嫌なことを忘れて、これからの自分を創り上げる絶好の機会です。過去に囚われず、今年一年が素晴しい年になりますように共に頑張りましょう。

2 / 1012345...10...最後 »
あすなろ幼稚園
〒811-1323 福岡県福岡市南区弥永2丁目13-7
TEL. 092-571-2400 / FAX. 092-571-2478
[MAIL] info@asunaro-y.jp