学校法人 柿迫学園 あすなろ幼稚園

Mail menu

園について

あすなろ幼稚園の想い
「できた」喜びを感じてほしい。あすなろ幼稚園が大事にしていることは保育者として結果に責任を持つということです。子どもの成長とは、出来なかったことが、「できる」ようになるということです。出来なかったことが「できる」ようになったときの子どもたちのキラキラ輝く瞳に出会うことが私たちの喜びなのです。特別な子は誰ひとりとしていません。あの子もこの子も、どの子も、ひとりももれることなく日々の保育の中で夢や希望に向かって、保育者と共に笑い、共に泣き、共に出来なかったことが「できる」ようになる喜びを感じることの出来る幼稚園でありたいと思っています。みんな「できる」子になることこそが、子どもの無限の可能性を証明する証なのです。あすなろ幼稚園に入園した子どもたちがどれだけ大きな成長を見せるか、是非ご期待いただきたいと思います。
園長 柿迫 重正

自分の大好きが見つかればそれがHappyのはじまり。

子どもたちへの願い

友だちをたくさん作ってほしい
やさしい、思いやりのある子に。どんな命も大切にする子になってほしい。
運動神経の良い子に!
元気いっぱいで何かひとつスポーツを続けてほしいな。危険なことを回避出来る力も身につけて。
当たり前のことが出来る子に!
お片づけ、履物を揃える、ルールを守り、「ありがとう」と言える子に。
毎日楽しく幼稚園に通ってほしい
たくさんの歌を覚えてほしい。本が大好きな子になったらいいな。

Happyを感じる保育

子どもへの願いは、子どものHappyを考えてみると少しずつ実現します
好きなことはある程度自然に伸びていきますが、興味のないものや親が苦手と決めつけていることを克服したときは、成長が著しく感じられます。Happy度、いわゆる達成感が自信と次への挑戦意欲になります。そのために、あすなろ幼稚園では「子どもの大好き」を考えると同時に子どものHappy度にも注目しています!
集団生活で、自分以外の存在に気付いた子どもは様々な成長の機会があります
遊具の取り合いなどで思うようにならないとき、子どもは譲る、譲られるという場面に出会います。そこで先生に褒められた子どもは必ず心が成長します。子ども自身がHappyを感じる瞬間です!

励ます保育のなかで

体・徳・知・食の理念に基づき、褒めて認めて励ます保育の中で、子どもたちは何にでも挑戦し、結果を出すようになります。適切な時期に良い環境で丁寧な指導で、楽しく学べば「できる」「できるから好きになる」これがあすなろ幼稚園の保育の考え方です。
この保育は、総合幼児教育研究会グループに属する園が、日々研究や研修を重ね行っている優れた教育のひとつです。

子どもたちはこう変わる“ママたちの声”


あすなろ幼稚園
〒811-1323 福岡県福岡市南区弥永2丁目13-7
TEL. 092-571-2400 / FAX. 092-571-2478
[MAIL] info@asunaro-y.jp